トップページへ
真言宗・智山派とは| 当寺院ついて| 大観音| 山内ご案内| 墓地販売| 年間行事| アクセス| 気学・運勢鑑定

『おこもり』(お地蔵さんのお祭り)
十月三日、午後八時よりご修行いたします。

 「おこもり」とは、お地蔵さまのご供養ならびに、皆様方のご先祖様のご供養とご祈願をお祈りする行事です。 近年、皆様方のご協力で提灯も一層にぎやかになり、益々盛大になるべく、さらなるご協力をお願い致します。

 元来、三灯の儀といいまして、仏さまに一灯、ご先祖様に一灯、ご自身へ一灯される事になっています。 これは私達がこの世で生活していくための礼儀とされています。この機会にご供養、御祈願としてお申し込み下さいますようお奨めいたします。

提灯一灯 \1,000-

ご祈願(家内安全・身体安全・健康長寿・心願成就・交通安全・商売繁盛・事業繁栄・ぼけ封じ・病気平癒・良縁満足・合格祈願・学業成就・開運満足・災難消除・厄よけ等)
ご供養(先祖供養・水子供養・戒名供養)

お名前・お願い事・ご供養をお書きの上、EメールかFAXでお申し込み下さい。


『施餓鬼会』

 昔、お釈迦様の弟子の阿難尊者(あなんそんじゃ)がお釈迦様から授かったといわれる「施餓鬼法」を修行します。 「施餓鬼は本来、一人が施主となって修業するもの」といわれておりますが、現在ではお寺が日時を決め、 檀信徒の皆様に呼びかけて法要が行われます。お施餓鬼の趣旨は、迷いの世界に落ちているかも知れない多くの精霊を供養し、 その功徳によって私達に御仏の世界に生きる事ができるように、と願う法要です。どうぞ皆様方、ご自由にご参加下さい。


『花祭り』

 お釈迦様の生誕を祝う仏事で、「仏生会(ぶっしょうえ)」「灌仏会(かんぶつえ)」などと言います。 お釈迦様の誕生の時に甘露(かんろ)の雨が灌(そそ)いだという話にもとづき、 種々の草花で飾った花御堂(はなみどう)の中央に誕生仏を安置し、その像に甘茶をかけてお祝いします。

『年間行事』
4月8日花まつり
8月第2日曜日施餓鬼会
10月3日おこもり
毎月のご縁日行事
8日ぼけ封じ薬師
21日弘法大師
24日地蔵菩薩
25日文殊菩薩


トップページへ
真言宗・智山派とは| 当寺院ついて| 大観音| 山内ご案内| 墓地販売| 年間行事| アクセス| 気学・運勢鑑定